top of page
  • 執筆者の写真Kaisei

ホーチミン 電気自動車の運行開始

「4月12日、1区の9月23日公園を走行する電気シャトルバス(写真:VnExpress/ギア・ミン)」の写真
4月12日、1区の9月23日公園を走行する電気シャトルバス(写真:VnExpress/ギア・ミン)

ホーチミン市内の旅行者が多く訪れるエリアで、12日(金)から計70台の電気シャトルが運行を開始し、チケット価格は12万ドン〜25万ドン(約720円〜1480円)となっている。


サイゴン公共交通機関社が運行する8人乗りのシャトルは、2025年末まで試験的に午前6時から深夜まで運行される。


シャトルは、1区、4区、5区、6区を走行する。


サイゴン公共交通機関社は、チケット価格は時間単位の運行、または乗客が指定する場所で送迎するかによって異なると発表した。30分の乗車料金は日中で12万ドン、夜間で25万ドンである。10分延長するごとに、日中は4万ドン(約250円)、夜間は8万ドン(490円)の追加料金が発生する。


乗客が乗り降りの場所を指定する場合は、日中で6万ドン、夜間は12万ドンである。さらに他の場所を指定する場合は、日中で3万ドン(約180円)、夜間で6万ドン(約360円)が追加される。


チケットは、アプリまたはウェブサイトから購入することができる。


ホーチミン市交通運輸局のボー・カイン・フン副局長は、電気シャトルが人々、特に旅行客の需要を満たすことを期待できると述べた。


ホーチミンはすでに3路線を試験的に導入しており、7区のフーミーフン地区と市内繁華街間のチケット価格は12万ドンである。同市では、トゥドゥック市のビンホームズグランドパークと1区を結ぶ電気バス路線も運行されている。


【翻訳編集:Kaisei World】

原文:VnExpress/ Downtown HCMC launches electric shuttles/ By Gia Minh April 13, 2024 | 08:36 am GMT+7

Yorumlar


bottom of page